ピアノ演奏家としての個性を大切にしていこうと思います。

ピアノを始めたのは3年代の時でした。
クラシックが大好きなパパは別にドビュッシーが好きで、乳児のこちらに弾いてほしいというビジョンから習わせたのでした。

先生とのマンツーマン講義はとても楽しくて、こちらはピアノが大好きになりました。
親はもちろん音大に進ませるつもりだったのですが、こちらが進学始める気がないことを報ずるって、ちょこっと落胆していました。

こちらが音大に進学しなかったのは、先生とのマンツーマン講義だけでさまざまだったからだ。
それに、私の親戚にバイオリンて音大へ進んだ人間がいましたが、音大へ入ってから公演作用が変わってしまったのです。
無難と言うか、聴いていて何も感じなくなってしまったのです。
今までは果てしなく素敵な奏で方をしていたのに、というこちらはがっかりしてしまったのを覚えています。

先生にそのことを話すといった、音大に行くだけが一般ではないと言ってくれたのです。
音大に行くことはプラスもあるが、自由に公演することが難しくなるという。大学はあくまでもアカデミー、アカデミーでは教材に沿って教えていかなければならないので、フリーが利かなくなると言っていました。
先生は、大学のインストラクターのストックがあったので、色んな視点からの課題を通じてくださいました。

私の公演は性格の固まりだとぐっすり言われます。
歓迎だという人間もいますが、たいてい拒否に思う人間もいると思います。
でも、食堂などでの公演を任された際は、たくさんの暖かい拍手をいただけます。
随時不安になることもありますが、こちらは自分の性格を大切にしていきたいと思います。スズキの軽四をお得に購入する方法